レンズを手動で引っ張り出すFUJIFILM XF1

歳とり記念日に日頃の労をねぎらい、自分へのプレゼントで久しぶりにコンパクトデジカメを買いました。
(Apple製品は仕事で必要なものですので自分にプレゼントとちゃいます。)
ちょっとした写真はiPhoneで十分撮れてしまうし、本格的に撮るならデジイチだしコンパクトカメラの出番はほんとに少なくなっていたところ、たまたま寄ったビックで触ったFUJIFILM XF1に一目惚れ。

PC150049.jpg
小さく軽く薄くて、なによりデザインがシンプルで無駄がない。質感もなかなかです。

電源スイッチが無く、レンズを手動で引っ張り出すと一緒に電源も入るというコンデジでは珍しいスタイル。

しかしこれがワタシのハートを鷲づかみ。

最近のデジカメは小さく押しにくい電源スイッチを押したら、にゅいーんとレンズが飛び出してくるものばかり。
ワタシはこの小さなスイッチとにゅいーんがイマイチ馴染めず、何とかならないものかと思っていたところにXF1がジャストミート。

ズームも手動でサクサク思いのまま。電動ズームも好きでは無いのでこれまた理想的。

PC150005.jpgレンズ部分の質感もいいです。

レンズを引っ張り出して使う動作には少々慣れが必要ですが、意外とこれが気持ちがいい。カメラを見ずにレンズを持って電源を入られてそのまま構えられるので、なかなか合理的です。

RX100やXZ-2などライバルも多いこのクラスで異彩を放つXF1。
なかなか面白いカメラです。

使ってみたレポは近いうちに。

You might also like

2 Comments

  • Slow Café

    12月 th, 2012 11:24 PM

    欲しくなるようなデザインですよね。レポート楽しみにしています(^`^..。
  • かむ

    12月 th, 2012 5:12 PM

    Slow Caféさん
    最近多いレトロなデザインですが、スッキリしてていいですよね。