WordPressでコード表示

なんだかんだで結構HTMLその他コードを表示させることが多いので
今さらながらコード表示用プラグインを入れてみた。
WP-Syntax
使い方は至って簡単で
<pre lang=”言語”>ソース</pre>
※言語の部分は言語の種類を入れる

対応言語はこちら

htmlの場合
<pre lang=”html4strict”>ソース</pre>
表示はこんな感じ

<html>
</html>

<pre lang=”言語” line=”1″>ソース</pre>
とすると、1行目からの行番号が入る。

1
2
<html>
</html>


wp-syntaxフォルダ内のwp-syntax.cssでソース表示枠部分の調整が出来る。
ソースのフォーマットは、wp-syntax/geshi/geshi/言語名.phpに
カラーリングやスタイルの記述があるのでお好みで。





You might also like

3 Comments