jQueryで遊んでみる その2

なにやらこのシリーズ(その1)に期待が集まっているようなので(ほんまか
タイトル変更して、jQueryをもうちょっと解説してみたい。

※HTML&CSSは理解している前提で進めますよ。はい
冷たいですか?ごめんなさい。

何はともあれ、きちっとエレメント参照することが基本。
すべてがここからスタートするのだ。

Javascriptの大前提だけれども、たいてい、
どこかを → なんかされたら → なんかしろ
となる。なので、どこかを がちゃんとできないと先に進めない。

どこかを がHTMLでidやclass指定したHTMLエレメント
なんかされたら が イベント
なんかしろ  が命令ね。


イベントは、クリックされたらとかページがロードされたらとか色々あるのでこちらをどうぞ
Events – jQuery 日本語リファレンス
その1でやってみたことの解説

こんなエレメントを用意して
<div id="camcam">CamCam</div>


<script type="text/javascript">
$(function(){
$("#camcam").click(function() {
	alert("くりっくすんじゃねぇ〜");
});
});
</script>
//なんてしてみた
見ての通り、
どこかを  $(“#camcam”) 
なんかされたら click()
なんかしろ alert(“くりっくすんじゃねぇ〜”);

となってるでしょ。なってるよね?(念押し

いきなり出てきた、function(){ }は命令セットを入れる器なのだ。

この基本セットが理解出来たら、もうJQueryは大丈夫でしょう。

ということで、続きは次回




You might also like

2 Comments

  • Prince

    5月 st, 2010 10:53 AM

    いきなりつまづきそうなんですが、
    最初に出てきたfunction(){}っていうのは、
    $(document).ready(function(){});
    と同じ意味でいいんでしょうか?
  • かむ

    5月 st, 2010 1:52 PM

    Prince

    そうそう、新しいバージョンからこの形でOK

    それでもOK