iBooks Authorのブックファイルはフリーなら配布自由

iBooks Authorもう使いましたか?

iWorkで使い慣れたインターフェースと同様でシンプルで分かりやすいです。
ちょっと使ってみただけで、このアプリのすごさが分かります。

“教科書を作る”のが前提のアプリですが、普通に書類を作ったり写真集でも何でも作れそうです。

お気に入りの写真を並べただけで、あっという間に写真集が出来てしまうし
表やグラフもサクサク挿入できて、本と言うよりも資料作成で使いたくなります。

WordもPagesもいらなくなりそうです。Keynoteすら隅に追いやるレベル。
これはちょっと末恐ろしい子ですよ。

PDFでも書き出せるので配布もしやすいです。

iBookstoreで有料販売できるような本を作りたいところですが、
作ったもの自体は無料なら自由に配布していいようです。(そりゃそうか


これで作った「本」の配布には以下の記述がありました。
ブックを iBookstore に送信しない場合でも、ブックファイルを作成して自分で配布できます。
利用規約には以下の記述がありました。
当該Appleソフトウェアを使用してお客様が作成する書籍その他の著作物 (「著作物」)に料 金を課す場合は、かかる著作物をApple経由(例えばiBookstore経由)でのみ販売または配布 することができ、かかる配布はAppleとの別途の契約の対象となります。
B. お客様の著作物の配布 本契約の条件の1つとして、およびお客様が本契約の契約条件を遵守 することを条件として、お客様はお客様の著作物を以下のとおり配布することができます。
(i) お客様の著作物が無償で(無料で)提供される場合、お客様は利用可能なあらゆる手段に よって著作物を配布することができます。
(ii) お客様の著作物が有償で提供される場合(サブスクリプションベースの製品またはサービス の一環として提供される場合を含みます)、お客様はかかる著作物をApple経由でのみ配布する ことができ、かかる配布は以下の制限および条件に従うものとします。(a) お客様は、お客様の 著作物を商用配布する前にApple (あるいはAppleの関連会社または子会社)との書面による別 途の契約を締結することが要求されます。および (b) Appleは、理由のいかんを問わずその単独 の裁量によりお客様の著作物を配布対象に選定しないと決定することができます。
まとめると
有料販売はApple経由でのみ可。
フリーならどんな手段でも配布は問題ない。

PDFで書き出した場合iBooks Authorのロゴが入るのは、iBooks Authorでの著作かどうかを明らかにするためなのかな。
資料で配付するものだと外したいんだけど、出来るかどうかまだ分かりません。

なんにしても、これを機会に出版業界が大きく変わることになりそうです。

You might also like