CSSフォントサイズ


CSSでフォントのサイズ指定するのに

デザインを優先するとピクセル指定で「確実でそのサイズで表示したい」

のですが、WinIEではサイズが固定されてしまい

大きく表示したい人には不親切なサイトになってしまいます。


必然的に、small x-smallなど相対指定にすることになりますが

これがまた、ブラウザで表示サイズが違って困りもの。


いろいろ試した結果、まあまあな設定を見つけましたので

ちとご紹介。




まず、サイト全体の指定をx-smallにします。


bodyタグや親ブロックなどに設定してください。




#all{

font-size:x-small;

}


次に各要素にはemで指定します。

emとは、指定した元のサイズに対しての比率で指定する方法です。


サイトの標準サイズは、font-size:1.2emあたりがいい感じです。




.area{

font-size:1.2em;

}


この場合は、

全体の指定 x-smallに対して、1.2という比率で表示するやり方です。

お好みで、1.1emとか1.3emとかにしてみてください。


win macともだいたい同じ大きさにできて

WinIEでもサイズを変えられます。


環境設定などでのユーザ指定のフォントサイズに影響されるので


small mediumなどの単独指定方法よりマシなレベルといった感じですが


大きさをだいたいそろえられるので、最近はもっぱらこの方法でやってます。

Related Posts