AUGMで当たった iL4 Power Batterry Plate for iPhone 4を使ってみた。

10月 3rd, 2011

AUGM名古屋の懇親会でじゃんけん大会開始早々勝ち上がれてしまいまして、iPhone4用バッテリをゲット。

当たったからにはスポンサー様のためにきっちりレポしなければならないという使命を与えられているわけなので、ここ2日ほど使ってみた感想を書きます。

まずはご紹介。
P1040779.jpgiPhoneドックに接続して一体型になるタイプのバッテリです。名古屋大須のアイラボファクトリーさんが発売しているそうです。

P1040780.jpg容量が1500mAhで出力は5V 500mA。iPhone 4は1420mAなのでほぼ1回分延長できる数値。重さは65g

P1040781.jpg上部を吸盤で固定します。けっこうしっかり付くので外れる心配は無さそう。カメラ部分は丸穴が空いてます。他のケースを付けたまま使うことは出来ません。

P1040782.jpgサイドはiPhoneと同じアルミ素材でiPhoneが2段重ねになったかのよう。右下のボタンを2-3秒長押しすると充電開始とストップをコントロール出来ます。

P1040788.jpgドックケーブルを接続した状態。青色のランプで充電状態が分かります。iPhoneとバッテリを同時に充電できます。

一体型と言うこともあり、充電しながら使うスタイルになることもあってか70-80%くらいまでで充電が終わってしまいます。まあでも一時しのぎとしては十分ですかね。


外付けバッテリは他にもいろいろ使っていて、これ以上バッテリはいらないかな…まあでも当たったので使ってみるか…くらいの感覚で使い始めましたが、
Dockケーブルがいらなく見事なまでに一体化するので、デカく重くはなるのですが、意外と付けたままでもいいかなと思えるくらい自然に使えて気に入りました。


バッテリーはたいていレッドゾーンな私は、いちいち付けたり填めたりするのではなく、これ付けたままバッテリが減ってきたらスイッチオン。帰ったらこれごと充電するのが正しい使い方のような気がします。
これでレッドゾーンとおさらば?


さっき値段を見たら定価8,400円!!こ、こんな高価なものが当たっちゃっていいのでしょうか。
アイラボファクトリーさんありがとう!ありがとう!ありがとう!

Related Posts