書体指定やめた

2月 14th, 2007

IE7で、CSSで指定したサイズより大きく表示されることがあって
(IE7以外では問題なし。)
サイズ指定の仕方など、いろいろ試したけど変わらず
あれこれ悩んでみたところ書体指定に原因がありました。

ここ最近は、Windowsの日本語フォントの指定はしないで
Macではヒラギノ、その他にはゴシック系になるように
以下のように指定してました。

font-family:”HiraKakuPro-W3″,”sans-serif”;


で、このsans-serif を指定したのが原因でした。
これを外したらこちらの意図したサイズになりました。

なんだか良くわかんないのですがバグっぽいですね。

Vistaでは、ClearType書体「メイリオ」なんて出てきたし
MSゴシックとか指定するのも大きなお世話になりますしね。
書体の指定は一切しない方がいいという結論でよさそう。

じゃあ、Macでヒラギノ角ゴw3はどうなんだという話になりますが
Macの場合、Safariのデフォルト明朝で見られるとちょっとね。(^_^;


まあでも、まだまだ試行錯誤は続きそうです。

Related Posts