Parallels DesktopのWindowsでMacのキーボード操作を快適にする

1月 16th, 2012

今日、Parallels Desktop 7でWindows 7をインストールしたので少々まとめ

Parallels Desktopの仮想環境で
Apple JISキーボードなどのテンキーを使うには、clearキーを押します。
同様に全角半角の入力変換はcaps lockキーを使います。

ただ、これでもちょっと不十分で私は
Macのキーボード操作をほぼ完全に再現してくれるAppleKというソフトを使ってます。
こちらVirtual PC for Macのころからお世話になっています。

AppleK – MacキーボードをWindowsで利用する

AppleKは、仮想環境やBootCampのWindows用アプリです。


Parallels Desktop版はこちら
AppleK for Parallels – Parallels用キーボードドライバ

去年9月にアップグレードで、Parallels 7や64bitに対応したver3になってます。
3.0について、最初の1.0開発以上の時間をかけ、メイン処理の根本的な再設計がされております。
と言うことで、かなりの自信作のようです。

これで仮想環境のWindowsがMacと同じ感覚で操作できます。

Related Posts