iMac+Droboでファイルサーバ構築

事務所のファイルサーバの容量がいっぱいになってきたので
ディスクを交換しなければならず外付けディスクを物色してみた。

いろんな外付けディスクをこれまで使ってきたが、たいてい2年以内に壊れる。
まあハードディスク+ケースなどというものは、どこのメーカでもそういうものなんだろう。安物RAIDを騙し騙し使っているのだから仕方がない。レイドのドレイである。

しかし、そんなあきらめモードでは進歩はない。
今回は奮発して、最近話題の「Drobo」を導入してみた。

ドロボーとはまたイカした名前じゃないか。
ルパン3世並に私の心を盗んでくれるのかと思いきや
「ディーロボ」が正しい読み方らしい。味も素っ気もない。
Drobo
と思いきや、最近「ドロボ」になったらしい。ややこしい。

それはさておき、このDroboの特徴は
最先端のRAIDテクノロジー「BeyondRAID」だ。
BeyondRAID
なんだか小難しいことが書いてあるが、
まとめると、「RAIDを超えたRAID」(直訳)なのだ。
【レポート】従来のRAIDの制限を克服する”BeyondRAID
FireWire 800 & USB 2.0のタイプで、Amazonで¥37,000円程度

「RAID1で安心!」と思いきや、ケースが逝ってしまってデータの取り出しに3日を要した、B社製NASとさほど変わらない。
BeyondRAIDが信じられるのなら、データの安心度と容量いっぱいで買い替えることなど考えると、かなりお得なのではないかと言える。


到着
P1020957.JPGWorld of ….なんだ?

P1020958.JPG黒い

P1020961.JPGそれなりにデカい。

P1020979.JPGフロントパネルはマグネットで開け閉めがとても楽。
無駄なラッチなど機械的な部分がないので壊れにくいと思われる。

HDDをそのまま差し込むだけであっさり準備完了。最大4台。
左のストッパーを押すとHDDがビヨーンと飛び出す。まさにBeyondRAID。取り出しも簡単だ。

長くなったので、ここから先は次回に。

つづく…

Related Posts

2 Comments

  • ken_taka

    5月 th, 2011 8:30 PM

    Droboも安くなったんですねえ。以前物書き堂さんがおすすめしていて興味があったんですけど、随分高かった気がします。

    >「RAID1で安心!」と思いきや、ケースが逝ってしまって
    そうそう、ハードウエアRAIDでコントローラが壊れてしまい、データを抜けなくなったって話は良く聞きますね。
    やっぱりRAIDでもバックアップは必要なんですよね。RAIDはバックアップじゃ無くて、ノンストップ運用のためのソリューションなんだなあとつくづく感じる次第。
  • かむ

    5月 th, 2011 2:46 PM

    ken_takaさん
    RAID1のバックアップをRAID1+TimeMachineでやってたりしますが
    油断してるとバックアップできてなかったりするんですよねw

    HDDよりもケースが先に行くケースが多いようで…

Leave Your Comment