iPad mini発表を見た雑感

10月 24th, 2012

ついにiPad miniが発表になりました。ひとまずiPad mini発表を見た雑感を。

iPad
iPod touch
やや離れてiPhone 5

この中に割って入るというところで
機能面、画面サイズ&解像度、価格など非常に微妙なポジションの商品で
色々と苦労が伺える設定という感じでした。


画面について

・7.9インチ
・1,024 × 768ピクセル
・163 ppi

初代&iPad 2の画面解像度が132ppiで
3代目がRetinaで264ppi

それなりにきれいだったiPad 2より20%詳細になったとみるか
3代目Retinaの40%ダウンとみるかですが、

163ppiはそれなりに十分な解像度だと思います。

Retinaなら文句なしではありましたが
バッテリのもち、価格、パフォーマンス、薄型デザインの実現などRetinaによるメリットとのトレードオフでこの選択だったと思われます。

あとはiPad用アプリがそのまま使えるメリットが大きいと思います。
開発者は胸をなで下ろしたことでしょう。


価格について

iPad miniは16GB Wi-Fiで$329(28,800円)から
ライバルのAndroid陣営ではNexus 7が16GBで$199(19,800円)から

これはAppleらしい価格構成できました。

両方比較して9千円の差を安いとみるか高いとみるかはあなた次第。
という、後発ですが価格競争には持ち込まないという意思の表れでしょうか。

初代iPadから量産のメリットを活かして徐々に安くなっていったように、miniも2代目3代目とじわじわ安くなっていくと思うので、ひとまず初代様子見価格なんでしょう。


重さと大きさ

驚いたのは、樹脂系の安っぽいNexusより薄く軽いこと。

iPad mini 308g 7.2mm
Nexus 7 340g 10.45mm

7インチのNexus 7を使ってみて第一印象は、
“すごくいいサイズ” “これはいい”

と思ったもののしばらく使ってみると、
縦位置で持つと縦横比のせいで縦長傾向なのでバランスが悪く、
横位置で持つと、画面の高さはiPhone 5とほぼ同じでホームボタンのメニューバーが上下をふさぐので全く画面の高さが足りない。

TwitterやFacebookなどスクロールが多いSNSアプリを使うとこの高さが足りないのがすごく不満になってきます。

どうしても両手で支えるので、7インチは横位置で使いたくなるのに縦方向に画面が狭くて今ひとつな感じで、使えば使うほど中途半端な印象になってきました。

フィルがこの件の比較をしてましたがまさにその部分をNexusの弱点だと感じました。

iPad miniは4:3の比率で横位置でもそれなりに高さがあり、この薄さと軽さで寝ながら横位置で使うのもそれほど苦痛ではなさそうで7インチ帯タブレットとしては理想的なサイズだとではないかと。


まとめ

16GB白でいいかな。LTE付いたやつで

Related Posts