Apple純正 革スマートカバーのアニリン染めってなんだ

3月 25th, 2012

新しいiPadは、iPad Smart Cover 革製ネイビーも一緒に買いました。

iPad 2の時も風呂フタを一緒に買ったのですが書いてあるとおりイマイチで使わなくなったものの、まだ対応ケースが少ないのでここはひとつ革のをいってみようというわけで。

で、ふとアップルのサイトを(今さら)見ると

iPad Smart Cover – 革製 – ネイビー – Apple Store (Japan)

革製のSmart Cover。アニリン染めのイタリア製レザーでできた美しいカバーは5色から選べます。表と色を合わせた裏地は、やわらかなマイクロファイバーなので、ディスプレイをいつもきれいに保ちます。

アニリン染めのイタリア製レザーと言う説明が…それは一体どんなものでしょう?
気になったので調べてみました。

アニリン染めは、アニリンという化合物を使った染料で出来た染め物で、靴など革製品でよく使われているようです。

アニリンカーフクリームのお話│<シューケア情報>R&D直伝!正統派のシューケアウンチク

アニリンは化学で作られた「染料」ですが皮革に使用しますと透明感が出て革の表面にある筋、毛穴などの模様が美しく浮き出され「アッ、革だなァ」という質感が得られる染色方法です。また「染料」だけを使用したもの以外に少量の「顔料」を混ぜたものがあります。前者を「ピュアアニリン」後者を「セミアニリン」と呼んでいます。


革の特徴を最大限に活かすことが出来る染料ということで、

革スマートカバーは、確かに革らしい質感で手触りも良く、高級感があります。
なかなかこだわりのある品のようです。


しかし色アセ、色落ち、シミになりやすく取り扱いには注意がいるらしく

原因は、
「染色後にタンパク質系の仕上げ剤をぬり、グレンジング(摩擦)することでツヤを出す仕上げ方法であるというのが大きな原因です。(コーティング力が弱い)」

なるほど…

しかも手入れも要注意。
クリーナーで磨いたりは御法度で、アニリン染め専用クリームでマメに手入れしないといけないらしい。

さすがはApple、いろいろとトラップを仕掛けてくるドエスっぷりはここにも健在。

ちなみにアニリン染め専用クリームが、通販で1000円くらいでした。
新品のうちから専用クリームでしっかり手入れをすれば長持ちしていいということです。


まあしかし、ボロボロになる前に次のiPadを買ってしまってるだろうし…(ぼそ

Related Posts

2 Comments

  • anna_rouge

    3月 th, 2012 1:45 PM

    次が早いほうに一票(^^;;

  • かむ

    3月 th, 2012 8:55 PM

    anna_rougeさん
    その前に別のケースに変わってるという話も^_^;