Apple純正 Apple Watch磁気充電ドックを使ってみた

11月 27th, 2015

Apple純正のApple Watch充電ドックを買ってみました。

今まで充電は付属のケーブルだけで社外品のドックなどは全く使っていませんでしたが
純正が出たとなると使わないわけにはいきませんね。

20151127-152030.jpg

スタンドタイプがほとんどの中で、この形はなかなか異彩を放っています。
まるでAppleの新社屋のような形状ですが…

大福iMacを思い出します。

    

中央部分を持ち上げて使います。
付属のケーブルより磁力が強くてかなりカチッとつきます。

   

ミラネーゼループだとリング状のまま外せないので、このスタイルで充電します。
白い部分はiPhoneのシリコンケースのような質感で、かなりサラッとした手触りです。

 

裏はスエード地で滑りにくくなっています。

  
置いたところ。

横向きの時計表示になったので、おお!純正の台だとこうなるのか!!と思ったら別にそうでもないようで、普通になるようです。
この形で置いたことがなかったので分かりませんでしたよ。

ええ、ミラネーゼループ使いには分からないんですよ。はい。

20151127-152525.jpg

これに付属のケーブルがかなり太いLightningケーブルで、取り回しはよくないけど切れにくそうでいいです。
全部これくらい太くてもいいかなと。

9,500円税別と値段が値段ですが、200万円を超えるEditionがあるだけに
それを置く台としてはこのくらいの高級路線はやむなし。
むしろこの値段ですんでよかったと考えることにしよう。

貴金属を置くトレーのような質感で高級感があるし、さっと置いて充電できるのはいいです。

これに置いて気がつきました。Watchが傷だらけ…痛々しいのが目立ってしまうのがなんとも。

ちなみにAppleマークはどこにもありませんでした。

Related Posts