AppleマップのFlyoverが名古屋にも来た

Appleマップが登場した時にまず驚いたのが、サンフランシスコやシリコンバレー界隈のFlyover表示でした。
(パチンコガンダム駅は置いておいて)

そして名古屋もやっとFlyoverできるようになりました。


Flyoverとは、建物までしっかり3Dで表示されて、その周りを飛行機で飛んで上空から見ているような感覚で見ることができるものです。

こんなエントリも書きましたが、日付は2012/12/15と3年前

iOS Mapアプリ3DモードにみるAppleとGoogleの確執 | CamCam


Apppleマップ当初のひと騒動から3年ですか…


航空写真に起伏をつけて擬似的な立体表示は最初の頃から日本でもあったものの
建物まで立体化されたFlyoverはここにきて日本でも主要都市から対応してきています。

名古屋市科学館もこんな風に立体表示で飛行機で超低空飛行で見ているかのようです。

IMG_0343

IMG_0342

見方は、Appleマップの右下 i ボタンから 3Dマップ+航空写真を選べば見られます。










Related Posts