Apple Watchを1週間使ってみて予想外だったこと

5月 2nd, 2015

Apple Watchを1週間使ってみたが
iPhoneを見る頻度が減るとか予想できたことは置いておいて
使い始める前に予想してなかったことをいくつか。

デジタルクラウンの操作に慣れがいる

試着では分からなかったが、デジタルクラウンの操作に慣れるのに時間がかかった。
個体差があるかもしれないが、操作がなめらかで押した感や回した感がなく
時計とアプリの行き来をしたいのにSiriが立ち上がってしまったりして最初とまどった。
コツがあって、力を入れず軽くポンっと押せばいいのに気が付いてからはとても使い心地がよくなった。


電話が予想外に使える

かかってきた電話にWatchででるのはウルトラ警備隊ごっこをする時くらいかと思ってたが
手を離しても割としっかり聞こえるようで、車を運転中ハンドルを握ったまま通話ができたり
予想外に使える。


ミラネーゼループが予想外に快適

夏のような暑さの中、自転車で1日走ってみたが、蒸れることもなくとても快適だった。
これはある程度予想していたが、むしろこれがスポーツバンドではなかろうかと思えるほど。
予想を超える快適さだ。
ミラネーゼがぱっと言い出せず、ミネストローネと言ってしまうのも予想外だ。


アクティビティがいい

今までこういった計測系が続いたことがなかったが、
運動量など、嵌めていれば勝手に計測してくれるので手間がなくていい。
ことあるごとに、watchが定期的に手首をコツンとたたいて通知してくれて
ご主人様運動しましょうよと言ってくれてるような感覚も面白い。


バッテリがけっこうもつ

1日使って大体40%くらい消費してるくらいで実質2日は行けそう。


iPhoneがないとただの時計

iPhoneがなくても、もう少し何かできるのかと思ったが、
iPhoneがないとただの時計…
2階で充電して置いておいたら1階ではただの時計になってしう。


アナログの文字盤で何時かすぐに分からない。

長い間iPhoneのデジタル時計を見ていたせいで、
最初設定したアナログ時計ではすぐに何時か分からなくなっていた。
もちろん家ではアナログの壁時計を使ってるが、移動時ではデジタル体質になっているようだ。


メッセージが予想外に使える

通知を見るくらいで返信はiPhoneからだろうと思っていたが
音声入力でサクッと返信できて予想外に使える。
返信だけではなくて、一言二言程度ならもうWatchから送っている。


Watchが体の一部に

腕時計なんてもう10年以上嵌めてなくて、腕に何か付けるのもあまり好きではなかったので
Apple製品といえどもどうかと思ったが、2日目にはもう外したくなくなった。
Apple製品には体が自然と順応してしまうApple体質ではあるが、
もうすっかり体の一部になってしまった。
しかし、充電しなければならず渋々外す毎日。
寝てる時に充電パッドを額かどこかに当てたら充電できないものだろうか。


まだまだやれることが少ないが、
情報の出入り口がWatchになってきて、iPhone生活が確実に変わった。
これぞまさしく「端末」といえるデバイスだろう。
ここからどう進化していくか楽しみだ。


Related Posts